散骨の方法と永代供養方法・費用相場の違い
ロゴ

散骨と永代供養の違いや気になるメリット・費用について知ろう

散骨の方法と永代供養方法・費用相場の違い

菊

散骨とは

火葬後に、骨を粉にして任意の土地の土や砂に撒く供養方法です。墓の中に骨を入れないため、墓を作らずに済むことや維持費用が掛からないといったメリットがあります。自分で粉骨・散骨する場合は費用が掛かりませんが、1~3日はかかるでしょう。散骨場所については基本的に問題にはなりませんが、関係のない個人の私有地や施設内に撒く場合には管理団体の許可などが必要になります。

永代供養との違い

永代供養の場合は、火葬後にお墓を作る・すでにある墓を開けて骨を納骨する必要があります。その後、墓地の管理料や維持費に年間5,000円~14,000円程度の金額がかかります。墓を新しく作る場合は150,000円~5,000,000円などデザインや管理費、材質や大きさなどによっても異なります。また、毎年お墓参りなどでのメンテナンス・訪問が必要になります。

散骨を代行する場合の費用は?

骨を粉にする費用相場は5,000円~17,000円で、作業時間は30分ほどです。大体、依頼してから1週間前後で骨を受け取ることができます。粉にして後の散骨代行相場は25,000円など場所や方法によって異なります。散骨では、費用を抑えて神奈川の景勝50選に選ばれた大浜海水浴場などの希望の場所に自分で撒くなどもできます。希望や費用に応じて考えてみましょう。