家族葬と一般葬の違いは?費用相場と口コミ

家族葬と一般葬の違いは?費用相場と口コミ

葬式

葬儀の形式について

突然の事故などで大事な人を失うと、心が事実について行くことができません。しかし、手続きや参列者の対応に追われて十分にお別れしたり、心を落ち着かせたりする時間が取れないことも多くあります。こうしたときに家族葬を選ぶ家庭も増えています。一般葬と家族葬の違いや費用相場、流れについてみてみましょう。

家族葬とはなにか

葬儀の形式には、家族葬と一般葬があります。家族葬は、故人の家族や親族のみで行う葬儀になります。一般葬とは違い、故人の友人や趣味の仲間、会社の人などを呼びません。そのため、もてなしや、香典返しの用意、受付管理などの負担を軽減することができます。親族や家族だけでひっそり故人を見送りたいときなどに家族葬を行う人もいます。

流れの違いはある?

一般的な葬式では、納棺、通夜式、告別式、出棺、火葬と拾骨、その後初七日法要と精進落としを行います。このときの告別式の参列者の範囲が広いため受付や見送りなど入念な打ち合わせを行うことになります。また平野区など住む地区や場所によっては、精進落としが途中で行われるなど順番が変わることもあります。流れとしては大きな違いはありませんが、家族葬の場合は亡くなられた後に家族葬をする旨の知らせをだしたり、葬儀後に弔問客の対応などを行うことになります。

費用相場は?

大規模な式になるため一般葬の方が費用が高くなります。花、飾りつけなどによっても異なりますが、費用相場としては約500,000円などかかることがあります。また飲食や香典返しなどの費用もかかりますが、香典を断ることが多い家族葬とあまり費用負担は変わりません。参列する人数などから選ぶと良いでしょう。

家族葬を選んだ人の声

故人を気持ちよく送り出すことができました(平野区 30代会社員)

交通事故で父を亡くし、家族葬を行いました。優しい父を突然亡くし、家族はショックからまだ抜け出せていませんでした。家族葬では、他の参列者の対応に追われることなく、父をゆっくり見送ることができました。最後の時間も、落ち着いて父の傍にいることができたので、家族葬にしてよかったと思います。