ロゴ

交通事故で家族を失ったときの弁護士相談から遺品整理までの流れ

突然の事故が起こす悲劇

突然の交通事故で大切な人を失うのは、とても辛い事ですね。
しかし、その後は悲しむ暇もなく、事故の処理や弁護士への相談、葬儀や供養、遺品の整理、相続など多くの手続きや行う必要があることで忙殺されてしまいます。こうした手続きや準備、実行は代行業者や弁護士などの専門家に依頼することで手間を減らすことができます。手続きなどの流れを見てみましょう。

死亡事故が起きた場合の相談・流れ

交通事故での弁護士相談

まずは、交通事故で亡くなった故人の死亡診断書屋死亡届の取得などの手続きを行うことが必要になります。この手続きを行わないと火葬許可を受け取ることができず、葬式での火葬が行えません。相続人を決めたり、葬儀後の事故の示談や裁判などの相談を行うため、弁護士に相談ましょう。

葬儀

一般葬・家族葬を選び、葬儀について挨拶状など手配を行います。打ち合わせを行い、当日は一般葬の場合は家族や親族の通夜、その後に一般参列者の対応をすることになります。家族葬の場合は一般参列者がいないため、家族で比較的ゆっくり故人を偲ぶことができます。

散骨・納骨

火葬後、納骨や散骨などを行います。火葬後に納骨する場合は墓などに納骨し、精進落としなどを行います。散骨の場合は、火葬後、骨を受け取って紛骨業者にて骨を粉にして、任意の場所に散骨します。散骨の際は散骨する場所や手段によっても価格などが異なります。代行業者を利用する方法もあります。

遺品整理

故人の遺品を片付けたり、仕分けをして運び出したりすることができます。立ち会って、形見分けなどを行うことも可能です。特殊清掃依頼や、買取依頼、大型家電や家具の処分など依頼できます。遺族でできることもありますが、部屋の状態や家庭の事情などによって遺品整理業者に依頼する方がいいケースもあります。

[PR]神奈川で散骨供養をしよう
事前に料金をcheck!

[PR]家族葬は平野区の業者に頼もう
さまざまなプランを提供中!

[PR]大阪で遺品整理を対応してくれる業者をリサーチ☆
料金プランを明記

[PR]交通事故の慰謝料は弁護士を通さず請求!
役立つ情報を徹底解説!

[PR]遺品整理は富山の業者にお任せ!
室内の清掃まで対応してくれる

事故から葬儀後までの流れを事前に把握しよう

線香

習慣で異なることも

大阪や神奈川、富山など住んでいる県や、平野区など住んでいる地域によっても、葬儀や不要品の取り扱いなどの習慣・自治体でのルールが異なることがあります。地元の業者に依頼することで、その場所に合わせた適切な対応をしてもらうことができます。
難しい法律や分別ルールなどに対応できる知識のある専門業者を選ぶようにしましょう。

いつまでに相談するべき?

死亡診断書を受け取り、死亡届の提出期限は7日以内(火葬許可証をだすため)になります。
葬式・火葬については死後から24時間以上経過した翌日・翌々日などが一般的ですが、火葬場の休みや友引などによってずれることがあります。
散骨については大体、1週間程度で粉になった骨を受け取りできるのでそれ以降に行うことになります。
相続人による示談交渉など裁判、慰謝料・賠償金についてやり取りについては3年以内ですが、葬儀後すぐ始めると良いでしょう。